deckブログ

モノデック

専門的な知識はありませんが、いろいろなモノをご紹介していきます。

完全にワイヤレスなイヤホン!! EnacFire Twins Bluetooth イヤホン

どうもDeckです。

普段、ランニング等の運動を音楽を聴きながらしているのですが、Bluetoothのイヤホンを使いだしてからケーブルの煩わしさから解放されました。
ですが、Bluetoothイヤホンでも左右のイヤホンは繋がっているので場合によっては、それすらも邪魔な時があります。

走るスピードを上げるとケーブルがバタバタ上下したり、汗で首にまとわりついたりします。左右のイヤホンが繋がっていると失くしにくいのは良いのですが、結構うざい事も……。

 

そして作業中などに片耳だけで通話ができるものが欲しいと思っていたこともあり、前から気になっていた完全にワイヤレスなイヤホンを購入してみました。
EnacFire Twins Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホンです。

 

簡単なスペック紹介

 

  • Bluetoothバージョン: V5.0+EDR
  • 入力周波数:2402MHz~2480MHz
  • Bluetoothの通信距離:約10m
  • 待機時間:約100時間
  • 通話時間:約5時間
  • 音楽再生時間:約3~4時間
  • 充電時間:約1.5時間
  • 電源入力:DC5V/1A
  • 防水規格:IPX7

パッケージ&開封

 

この価格帯のイヤホンのパッケージって大体こんな感じですね。
黒い箱は擦れた跡が目立ちます。

f:id:i-deck:20180416143940p:plain

 

開封するとこのような感じです。

f:id:i-deck:20180416135838j:plain

f:id:i-deck:20180416135818j:plainパッケージ内容

  • ワイヤレスイヤホン本体
  • 充電ケース
  • イヤーピース 3サイズ
  • USBケーブル
  • マニュアル

外観レビュー

 

充電ケースの中にイヤホンが収まっています。

f:id:i-deck:20180416140010j:plain

 

取り出すとこのような感じです。
かなり小さくできています。

f:id:i-deck:20180416135848j:plain

 

イヤホン側の充電の端子にフィルムが貼ってあり、このままだと充電ができないのでフィルムを剥がしてから使用します。

f:id:i-deck:20180416135859j:plainf:id:i-deck:20180416140023j:plain

 

充電ケースとイヤホンの重さは合わせて約44gですごく軽いです。

f:id:i-deck:20180416140043j:plain

イヤホン1個だけだと約5gで着けていても違和感なく、着けていることも忘れてしまいそうな軽さです。

f:id:i-deck:20180416140034j:plain

 

操作、ペアリング

実際に使用したところ、操作がタッチ式で物理キーと違い、慣れるまで強めに押していました。
軽くタッチするだけで操作ができます。

f:id:i-deck:20180416155654j:plain

 

まずペアリングですが、左右のイヤホンを使用する時には、先にイヤホン同士を接続する必要があります。

  1. 充電ケースからイヤホンを取り出し、マルチファンクションボタンを長押しします(5秒ほど)。すると左イヤホンは赤と青で点滅します、右イヤホンは青で点滅し左右のイヤホンがペアリングします。
  2. スマホなどの端末でBluetoothをオンにし、[EnacFire Twins]を選択して接続します。

 

片側だと再度ペアリングする必要があります。
マルチファンクションボタンを長押しして、赤と青に点滅するとペアリングモードになるので後は端末で先ほどと同じ操作します。

 

使用後はケースにイヤホンを入れると電源がoffになります。
ケースが無くてもボタン長押しでも電源が切れます。

 

電話に出る時は、軽くタップすれば出れます。もう一度タップすれば通話を終了できます。

充電について

充電はケースにて行います。
イヤホンをケースに入れ、蓋をしめるとイヤホンのLEDが赤く点灯します。充電が完了すると消灯します。

 

充電ケースはイヤホン3回分の充電ができるようになっています。
充電ケースにUSBケーブルを挿すと真ん中のランプが青色に点滅します。充電が完了すると点滅から点灯に変わります。

f:id:i-deck:20180416155703j:plain

 

音質

今回、完全ワイヤレスなイヤホンを初めて購入したので、音質についてはそこまで期待していませんでした。

最初から装着されているイヤーピースで音楽を聴いたところ、悪くはないけど普通かなと思いましたがイヤーピースをワンサイズ大きいのに変更したところ、かなり音が良くなりました。

低音もグッと強くなり、中音域、高音域ともに伸びが良くなりました。
これがこのイヤホンの音なのかと驚きました。

その外にも手持ちのイヤーピースを装着してみたのですが、音はかなり良くなったと思いますが充電ケースに入りませんでした……。
付属のイヤーピース以外だと注意が必要です。

通話の音声もお互いクリアに聴こえます。

 

まとめ

ランニングでのケーブルが気になる、片側イヤホンでの通話がしたいと思い購入したのですが、全体的にはかなり良い物を購入したと思います。

ケーブルが無いので走っていて落とすと大変だなと思いながら使用していますが、耳にフィットしていてズレにくく作られているので、今のところ問題無く使用しています。


他のケーブル付きのBluetoothイヤホンに比べて、両方同時に使用する際にひと手間増えますがそれでもこちらの方が楽かなと思います。

 

一番気になるところは、やはりイヤーピースによってケースに収まらなくなる点ですね。
自分の耳にあったイヤーピースが使いたくてもケースに収まらなければ充電できないので少し残念なところです。

付属のイヤーピースを紛失したり、劣化した時は別売りのイヤーピースを購入するか、ケースに収まるものを探すかしないとダメですね。
一応別売りのもあるのですが、各サイズセットで販売です。欲しいサイズだけ購入できないので考え物です。

 

完全ワイヤレスを初めて使用してみましたが、音も他のに比べて悪くなく、ランニング中のケーブルによる煩わしさも解消されるので、一度試してほしいイヤホンです。
いろいろなメーカーから出ているので、いずれそれも試してみたいと思います。

【進化版】EnacFire Twins Bluetooth 5.0 完全ワイヤレスイヤホン 軽量 Bluetooth イヤホン タッチ式 IPX7防水規格 収納充電ケース付 左右分離型 片耳 両耳とも対応 マイク搭載 ブラック

GearBestで注文していた物が届きました! 到着後のレビューでポイントがもらえる

こんばんは。Deckです。

前にGearBestで注文していた物が無事に届きました。
3/26日に注文、28日に発送され4/9日に到着したので注文から14日ですね。思っていたよりも早く到着しました。

 

 

 

ラッキング

注文が完了したらトラッキングナンバーが表示されると思うので、追跡サイトで荷物の追跡ができます。

17TRACKでトラッキングナンバーを入力するだけで、どこに荷物があるのか分かりますので大変便利でした。
ラッキングナンバーが反映されるまで少し時間がかかる場合もありますので注意が必要です。

www.17track.net


右下に翻訳のボタンがあるのでチェックすると日本語で表示されます。
今回の注文ではこのような感じでした。

f:id:i-deck:20180409214907p:plain

 

到着

実際に届いたのがこちらです。中にプチプチが貼ってある袋で届きました。

f:id:i-deck:20180409221032j:plain

 

f:id:i-deck:20180409221735j:plain

肝心の中身はこちらです。

  • USBテスター
  • Micro USBケーブル
  • Type-C USBケーブル

初めてというのもあって安価な物を購入しました。
破損していたり、汚れていたりといった事が無く、かなり綺麗な状態で届きました。

 

受け取りを知らせる

欠品や初期不良などが無いことを確認したら受け取り完了したことを知らせました。

[My Account]の[My Orders]をクリックします。

f:id:i-deck:20180409214508p:plain

一番右にある[Confirm Receipt]をクリックするとカレンダーが出てくるので、到着した日を選択し[Submit]をクリックします。

f:id:i-deck:20180409214505p:plain

f:id:i-deck:20180409214502p:plain

この画面が出れば完了です。
f:id:i-deck:20180409214500p:plain

 

レビュー

レビューすればポイントがもらえるようなので一応やってみました。
先ほどの[Confirm Receipt]が[Reviews]に変わっていると思うのでクリックします。

f:id:i-deck:20180410143559p:plain

配送に関するレビューと商品に関するレビューがあります。
まずは配送のレビューからしました。

f:id:i-deck:20180410143556p:plain

  • Shipping speed  配送のスピード
  • Product matches description   説明通りの商品だったか
  • Ease of refunds process 返金処理の分かりやすさ
  • Customer Service Professionalism カスタマーサービスの品質
  • Overall Returns Policy 返品ポリシーについて
  • Rate your experience 総合評価、知人に勧められるかどうか

大体このような感じで評価していきました。
[Submit Review]で完了です。

 

続いて商品の評価、レビューです。
配送レビューから下にスクロールすると商品ごとのレビューができます。

f:id:i-deck:20180410150214p:plain

  • Price Rating  価格
  • Ease-of-use Rating 使いやすさ
  • Build Quality Rating 品質
  • Usefulness Rating 役にたつか
  • Overall Rating 総合評価


prosは良いところ、consは悪いところです。
色々な国の人が見るので英語で書くように記載されています。

画像、動画を付ければさらにポイントがもらえるようです。
余裕のある方や面倒でない方は写真、動画を投稿するのも良いと思います。

f:id:i-deck:20180410150211p:plain

f:id:i-deck:20180410150208p:plain

 

まとめ

今回、初めてGearBestを利用してみましたが、問題なく無事に届きました。
もうすこし日数がかかるものかと思っていましたが予想よりも格段に速く到着したので、驚きました。

 

英語がほとんどできない私でも何とか注文する事ができましたので、海外通販に抵抗がある方にも一度利用してもらいたいですね。
商品も豊富かつ安いので色々と購入してしまいそうになります。

配送方法によって届くまでの日数や追跡番号の有り無しも変わるので、物によって変更できるのも良い所です。
心配なトラブルですが、日本語でも問い合わせができるようになったようで少しは安心できると思います。


また気になる物があれば購入していきたいと思います。

GearBest: Online Shopping - Best Gear at Best Prices

初めての注文 中国通販サイトGearBest 初めての購入! 購入方法など

みなさん、こんばんは。Deckです。
先日、GearBestのセールがあったので初めて購入してみました。

GearBest: Online Shopping - Best Gear at Best Prices

f:id:i-deck:20180404150630p:plain

モバイルバッテリーが欲しかったのですが配送の関係なのか購入できなかったので、USBのテスターとmicroUSBケーブルを購入してみました。

 
日本の通販サイトと比べて、安いけど色々と面倒くさいと思っていたのですが、そんなことは全然なく、比較的簡単に注文する事ができました。

 

アカウント作成

まずはアカウントを作成しました。
GearBestにアクセスして、右上部にある[Sign in]にカーソルを合わせ、[Register]をクリックします。

https://www.gearbest.com/

f:id:i-deck:20180403221445p:plain

 

そして、メールアドレス、パスワード2回、書かれているコードを入力して[Register]を選択します。

f:id:i-deck:20180403220606p:plain

登録したメールアドレスに確認のメールが届くので、メール内のURLをクリックすればokです。

 

住所登録

次に住所の登録を済ませました。
先ほどのアカウント登録の位置にある[My Account]→[My Profile]をクリック。

f:id:i-deck:20180403223520p:plain

  

Nameに名前を入力して[Edit]。つぎに[Address Book]→[Add a new Address]をクリック。

f:id:i-deck:20180404130513p:plain

 

基本的にローマ字で入力していきます。
国名でJapanを選択すると、日本語で住所を入力する欄がでてきますので普通に日本語で記入します。

入力し終わったら[Confirm Edit]をクリックで住所登録は終わりました。

f:id:i-deck:20180404133601p:plain

f:id:i-deck:20180404133558p:plain

 

円表示にする

価格がドル表示でも良いのですが、円の方が分かりやすい気がするので変更しました。
右上にある[Ship to~]のところをクリックして、Japanと円JPYでSaveを選択して終了です。

f:id:i-deck:20180403220603p:plain

 

注文

商品の注文をします。まず欲しい商品を探して、カートに入れます。
欲しい個数を選択して、Shipping costのところで配送方法を選択します。

これだと送料が40円ですが追跡番号がありません。
安い価格の物ならこれでも良いでしょうが、高価な物は追跡番号がある配送方法を選択した方が良いと思います。

選択したら[Add to Cart]でカートの中へ入れます。

f:id:i-deck:20180404142250p:plain

f:id:i-deck:20180404142247p:plain

 

カートに入れてたら右上のカートをクリックします。
購入するものを確認してお支払いへ。カードで払っても良いのですが、トラブルがあった時のために買い手保護のあるPayPalで支払いしました。

f:id:i-deck:20180404143127p:plain

f:id:i-deck:20180404144230p:plain

 

PayPalアカウントはもともと持っていたので、ログイン後支払いました。

決済されると注文が完了します。

f:id:i-deck:20180404144227p:plain

そしてGearBsetから注文完了のメールが届きます。

あとは届くのを待つだけですね。

f:id:i-deck:20180404144711p:plain

 

まとめ

今回初めてGearBestで注文してみました。以前から一度購入してみたかったのですが、セールをきっかけに重い腰をあげて試してみました。

実際には、まだ商品が到着していないので、どうなるか分かりませんが簡単にご紹介してみました。


やってみた感想としては簡単に注文できたと思いました。
分かりにくければ検索すれば、いろいろな人が細かい説明をしてくれていますので、そちらを見れば問題無くできます。

怖いのはトラブルですが、トラブルの対処法も検索すれば大体でてくると思うので、なんとかなるんじゃないかなと勝手に思っています。


やはり日本で購入するより手間がかかる分、圧倒的に安く、豊富な品揃えだと思うのでまた利用していきたいと思います。
GearBestで欲しいモバイルバッテリーが購入できなかったので、同時期にAliExpressでも注文しました。そちらもいずれ書いてみたいと思っています。

www.gearbest.com

不眠、寝付きの悪さ対策にも! スピーカー付きアイマスク AGPTEK

皆さん、こんばんは。雨音、たき火の環境音などを聞きながら寝るのが好きなDeckです。

 
普段、音楽を聞きながら寝るという方は多いのではないでしょうか。
そういう私も音楽など聞きながら寝入りたいタイプです。ですが、イヤホンを着けて寝ると寝返りで耳が痛くなったり、スピーカーだと家族などに迷惑がかかる事もありますよね。

そこで、何か良さそうな物は無いかと探していたところ、スピーカー付きのアイマスクを発見したので購入してみました。
今回ご紹介する、AGPTEKのアイマスクです。

 

主な特徴

  • アイマスクに スピーカーが内蔵されているので、横向けに寝ても邪魔になりにくい。
  • 3.5mmプラグなので対応している機器が豊富。
    最近のiPhoneなどのスマホだとイヤホンジャックが無いので使えません。
  • マジックテープなので自分で調節できる。
  • 軽量で通気性が良く、柔らかい素材なので着け心地が良い。
  • 外側のカバーが洗える。

 

 

開封

パッケージはかなりシンプルです。

f:id:i-deck:20180330141941j:plain

f:id:i-deck:20180330141921j:plain
中身はこんな感じです。

 ケースは、しっかりしていて、それに安っぽくなくて良いですね。f:id:i-deck:20180330142040j:plain



外観レビュー

メッシュ素材でできているので通気性がいいのと、肌触りもソフトで着けていてもリラックスできます。 
ケーブルは右側から出ています。f:id:i-deck:20180330141808j:plainf:id:i-deck:20180330141758j:plain


後ろがマジックテープになっているので、自分の頭の大きさで調節できます。 f:id:i-deck:20180330141829j:plain

 

f:id:i-deck:20180330141818j:plain
スピーカーは、このようになっています。 両側にポケットがあり、そこからスピーカーにアクセスできます。
スピーカーもマジックテープになっているので、自分の耳の位置に合わせて調節してください。

 

f:id:i-deck:20180330141748j:plain
3.5mmプラグとボリュームコントローラーです。

イヤホンジャックが無い場合は、こういったものが必要になります。

使ってみた

実際に使ってみましたところ、思っていたよりも使いやすく、悪くないなと思いました。

まずスピーカーの位置を両方とも合わせます。
後ろのマジックテープは気持ち緩めに調節したほうが良かったです。ピッタリだと少し圧迫感がありました。
着けた感じ、肌触り、つけ心地が気持ち良いのでリラックスできます。

一番気になった所は、スピーカーの音量です。
スピーカーの音量がかなり小さめです。アイマスク本体のボリュームをMAXにしても音楽機器のボリュームをかなり上げないと聞こません。
就寝の際に使用するだけなら問題ありませんが、移動で機内での使用だともう少し大きい音が欲しくなりますね。

 

あと、カバーが外せるのでカバーだけ洗えるようです。
夏場なんかだと汗をかくと思うので洗えるのは衛生的で良い機能です。
右側のポケットから取り出せます。

外すのは簡単にできますが、元に戻すのは少々めんどくさいです。
なかなか上手く入っていかなかったです。f:id:i-deck:20180330142002j:plain

f:id:i-deck:20180330141952j:plain



まとめ

全体的には、好印象でした。
スピーカーの音量も就寝時なら問題ないのかと思います。私自身、雨の音など環境音を聞きながら寝るのが好きなので、音調も小さめで良いですし。
大きい音で聞きたい方は注意です。

 

イヤホンだと横向けになった時に耳に刺さり痛い、スピーカーだと家族などに迷惑がられる。そんなときにこのアイマスクが便利ですね。
見つけたときに衝動買いですぐ購入しましたが、購入して良かったです。

 

 

届いてから気づいてのですがBluetoothのもありました。
今からならこちらの方が良かったかもしれません……。

とにかく、スピーカー付きアイマスクは結構おすすめです。

シンプル&コンパクト!!出張や旅行用にも便利!! AUKEY USB充電器 ACアダプター 2ポート

みなさん、こんばんは。Deckです。

 

デジタル機器が増えてくると、充電するのに空きが無く困りがちです。
スマホやらタブレットやら、その他いろいろと使用していると充電のためのコンセントの差込口が足りなくなったりしませんか?


これまで1ポートのアダプターを使用していたのですが、持ち運ぶ際などに不便でした。
なので1年前ほどに2ポート使用でき、コンパクトなのを探し、購入しました。

 

AUKEYのUSB充電器 ACアダプターです。 

 

ところで、AUKEYとAnkerってかなり似ていますね。
ネットでは、Ankerの方がサポートが良いと聞きますけど、両方とも実際にサポートを受けた事が無いのでなんとも言えませんが……。

 

パッケージ

箱自体もかなり小さい作りになっています。
個人的には、プラスチック製の箱よりこちらの方が好きですね。

f:id:i-deck:20180326152259j:plain

f:id:i-deck:20180326152423j:plain

 

外観

以前に使用していた物よりもコンパクトで見た目も可愛いです。
本体は、プラスチックなので高級感などありませんが、安っぽくもない印象です。

f:id:i-deck:20180326152227j:plain

f:id:i-deck:20180326152217j:plain

 

折りたたみ式なので、さらにコンパクトになりますね。

f:id:i-deck:20180326152237j:plain

f:id:i-deck:20180326152249j:plain


重さは34g程度でした。

f:id:i-deck:20180326152433j:plain

 

使った感想

実際に1年ほど使用していますが、特に困ったような事もなく、かなり重宝しています。自宅での使用はもちろん、旅行や出張などで荷物になることなく持っていけるので大変便利だと思います。


最大出力2.4Aとなっていますが、これは1ポートでの使用の場合です。
2ポート同時での使用となると、合計が2.4Aとなるので注意が必要です。

2ポート同時に充電していると、充電器本体が少し暖かくなります。ですが熱すぎる事もないので今のところ問題ありません。

 

コンセントに挿すと、白いLEDが光るのですが、これが結構な明るさです。人によっては就寝時などに気になる可能性があります。
あまり必要ない機能な気がしますね。

 

まとめ

今回、2ポートのUSB充電器をご紹介しましたが、持ち運ぶ事が多い物だと思いますのでコンパクトなのは重要ですね。

 

最近のものは何でも、USBでの充電だと思うのでポート数も大事な要素ですが、多すぎるとサイズも大きくなりますので、このぐらいがちょうど良いと思います。
自宅でのみ使用するなら3.4ポートの充電器もありだと思いますが。

 

メーカー直営店のAUKEY JAPANで購入した商品は、24ヶ月の保証が受けられるみたいです。高価な物ではありませんが、長期のサポートがあるのは嬉しいですね。

 

購入した時に気づかなかったのですが、2個セットでの販売もあります。単品で購入するよりもお得です。

ゲームのボイスチャット用に!! コスパ良い?! 「USBゲーミングヘッドセット XIBERIA V10」

みなさん、ゲームはお好きでしょうか。
最近だとスマホでゲームをする方がかなり多いようですが、私はゲーム機、PCでのゲーム派です。

 

普段、友人とゲームをする際に、ボイスチャットで会話しながらプレイしているのですが、1000円もしないようなヘッドセットを使い、スピーカーからゲーム音、ヘッドセットから通話音で色々と不便でした。

 そこでゲーミングヘッドセットを使ってみようと思い購入しました。
ですが高価な物は手が出しにくいので、安く、それなりに評価も良さそうな物を選びました。

ゲーミングヘッドセット XIBERIA V10 USB サラウンド サウンド ヘッドホン オーバーイヤー ゲーミング ヘッドホン LEDライト 高集音性マイク付 マイク位置360度調整可能 (USB-ゴールド)

 

パッケージ

パッケージ自体は、他のヘッドホンなどとそこまで変わらないかと思いますが、中国製なのかパッケージの裏側は中国語のようです。f:id:i-deck:20180322150056j:plain

f:id:i-deck:20180322150046j:plain

 

開封&外観

開封すると、不織布でできた袋に本体が入っています。
プラスチックのカバーなどはなく、袋に直接入っています。f:id:i-deck:20180322154557j:plain

f:id:i-deck:20180322150036j:plain

 

ヘッドセット本体の側面には、ブランド名が入っております。
イヤーパッド内側には、ロゴマークがありますね。f:id:i-deck:20180322150026j:plain

f:id:i-deck:20180322150614j:plain

 

LED&マイク

このヘッドホンにはLED機能があり、自動で光ります。
しかも1色では無くレインボーです。すこしずつ色が変わっていくのですが、この機能は正直不要ですね。

1色ならまだしも変化させなくても良いかと思います。
まぁスイッチで消灯できますが、使用している機器を起動し直すと、再点灯してしまうのが欠点ですかね。f:id:i-deck:20180322155721j:plain

f:id:i-deck:20180322150554j:plain

 

マイクは、クリアな音とは言えませんが、問題無く聞き取れるようです。
マイクの位置も無段階で好みの位置にできます。

f:id:i-deck:20180322155711j:plain

f:id:i-deck:20180322155701j:plain

 
また、呼吸音が入るのが嫌なので適当にスポンジで風防を作成し、装着して使用しています。多少は効果があるかと思って使用しています。f:id:i-deck:20180322155641j:plain

 

LED、マイクのミュート、ボリュームの操作ができるスイッチがありますので、すぐに調節できるのは良い所だと思いました。
ミュート、LEDスイッチの裏側にダイヤルがあり、音量の調節が可能です。f:id:i-deck:20180322150016j:plain

 音質&つけ心地

音質ですが、音楽を聞いてみると、低音から高音までバランス良く鳴らしているのように聴こえます。どちらかといえば、少し低音寄りの印象もあります。

ゲーム音、チャット音のバランスは接続している機器の設定で変更すると思うので、ヘッドホンでは調節できません。

ゲーム音に関しては、MHWなどでは特に問題ないかと思います。
音がメインのゲームだと分かりませんがプレイに影響は出ていません。

FPSなど、足音が重要なゲームだともう少し高価なヘッドセットが良いのかなとは思いますが、エンジョイ勢なので、こちらでも問題無く使用できています。

 

つけ心地は、手に持った感じで少し重いような気がしますが、頭に装着すると、そこまで気になる事はないですね。
また、フィット感が良いのですが、長時間の使用でイヤーパッドの素材的に汗で蒸れてきます。たまに外して拭くなりしています。

 

 まとめ

しばらく使用してみた結果、この価格でこの性能なら悪くはないと思いました。
コスパも悪くないですね。

レインボーのLEDは不要ですが、それ以外だと概ね満足できるモノだと思います。
FPSなど力を入れてやられている方は、もう少し高価な機種など使われるかと思うので、気軽にゲームをやられている方などには良いのではないでしょうか。

あと、ゴールドを購入したのですが、あらためて考えるとグレーの方が良かったかなと思いますね。

 

もはや現代人の必須アイテム?! 眼精疲労や目のかすみ対策にコスパが良い愛用中の目薬!

今回は、普段愛用している目薬をご紹介します。

f:id:i-deck:20180319173107j:plain

 

普段、スマホタブレット、PCなど利用している方がほとんどだと思います。そして長時間の利用で目を酷使し、ドライアイや眼精疲労、それに伴う頭痛やめまいや肩こりなどの症状で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

そういう私も、長時間、画面を見ていると目の奥が重くなり、肩こりと頭痛を引き起こします。特に頭痛がひどくなると吐き気が生じる日もあります。

なので、目が疲れてきた、乾いてきた、と感じる前に目薬をさすようにしています。
目薬をさし忘れていたりした日は、やはり疲労感がキツイ気がします。

 

普段、コンタクトの時もあれば裸眼の時もありますので、2.3個使い分けています。

防腐剤、血管収縮剤が入っているのは、さしすぎると良くないとどこかで見かけた記憶があるのでなるべく使用しないようにしています。

 ソフトサンティア

f:id:i-deck:20180319172851j:plain

f:id:i-deck:20180319173048j:plain

こちらの参天製薬ソフトサンティアは、涙液に似た人工涙液らしく、目の乾きや不快感などを解消してくれます。
コンタクトでの使用も可能ですのでオールマイティに使えます。

目の疲れなどに対しての効果はあまり感じた事がありませんが、目の乾きや花粉症などでの不快感にはかなり効いています。

こちらの目薬は、開封後10日間以内に使用しなければなりません。
いつも微妙に残り、使い切った事がありません。

 

ソフトサンティアには、疲れ目などに効きそうなソフトサンティアひとみストレッチというバージョンもあります。
こちらはピント調節筋のコリをほぐしたりの効果がある成分が含まれていたり、目の疲れなどに特化していそうですね。

ただノーマルより価格が高いです。
ドラッグストアなどで見ても、ひとみストレッチの方が倍ぐらいします。

一度こちらも試してみたいですね。

 

 ロートビタ40α

f:id:i-deck:20180320224234j:plain

裸眼時に特に使用しているのは、このロートビタ40αです。
防腐剤、血管収縮剤が入っていないため、目に疲労を感じたら気軽に使えると思うので使用頻度が一番多いです。

 

  • 血行を促し、目の疲れを緩和する「天然型ビタミンE」
  • 目の細胞の代謝を促し、疲れ目を改善する「ビタミンB6」
  • 涙腺成分で目の角膜表面を保護、眼病を予防する「コンドロイチン硫酸エステルナトリウム」
  • 目に酸素を取り込んで目の疲れを癒す「L-アスパラギン酸カリウム

 

これらの成分が目を癒してくれるようです。

 

こちらの目薬は、300円ほどで購入できます。
セールなどでは200円台で販売されている事もあり、かなりコスパが良い目薬だと思います。

 

清涼感がプラスされたロートクール40αもあります。ですが防腐剤が含まれているため注意してください。 

 

ロートCキューブ[クール] 

f:id:i-deck:20180320224224j:plain

ラストは、コンタクト装着時に使用しているロートCキューブ クールです。
コンタクトを装着する事がスポーツ時など週に1.2回程度なので、とにかく安さを重視しています。
さす回数も少なめなので。

 

このロートCキューブのシリーズは、3種類あり、清涼感が違います。
アイスクール > クール > m の3段階あります。


アイスクールは、清涼感がありすぎて、冬などだと冷たすぎました。
mはさした感が無さ過ぎてあんまり好みではありませんでした。
クールが丁度良い清涼感でピッタリ合いました。

まとめ

今回、コスパが良い愛用している目薬を3つ、ご紹介しましたが、どれも使用感が良くのに低価格で購入できるので試してほしい目薬です。

ソフトサンティアは、疲れをとるような感じではありませんが、ドライアイや花粉症で目の不快感を洗い流してくれるような感覚で使用できるかと思います。

 

常にいずれかのデジタル機器を使用している方も多いと思うので、いろいろな症状がでて困る前になにか対策する必要があると思います。
そんなとき、少しの金額で気軽に試せる目薬はおすすめです。

 

ソフトサンティアひとみストレッチも、ノーマルの2倍ほどの価格ですが、どう違うのかそのうち試してみたいと思います。